小野川温泉、趣のある板塀と問題点:米沢観光コンベンション協会|山形県米沢市の観光情報サイト

山形県米沢市 米沢観光物産協会公式ホームページ

上杉の城下町米沢の観光・物産情報
presented by
米沢観光コンベンション協会



小野川温泉、趣のある板塀と問題点
小野川温泉の景観整備のひとつ。
この秋 旅館組合駐車場が和風の板塀に改装された。

雪の積もった感じが良いからと聞き、撮影した次第。

確かに赴きのある絵になった。

ただし、我が町の事ながら この板塀に対して問題点をあげておく。

見通しが悪いのだ。

既存のブロック塀を囲む形で工事が進められた。

僕は てっきりブロック塀の上から1つか2つのブロックを取り外して改修工事されるものだと思い込んでいた。

和風の板塀になる。と、いう事は 飾りの屋根が付けられたデザインになる。と、いう事だ。

現在の高さのブロック塀に 飾り屋根が付けば、現在のブロック塀より高くなる。


そして、その場所は駐車場だ。
車が頻繁に出入りする。 関係者だけの駐車場ではなく、不特定多数のお客様が利用される駐車場である。

車に乗ったドライバーの視点を考えれば 見通しの良くない高さは安易に想像できる。
理屈で考えなくても ここはなんとなく危ないと感覚的にわかる。

以前のブロック塀は、一般的な乗用車に乗っているドライバーの視点からでも左右から走行してくる車が見えた。小さな子供でもなければ歩行者を確認できた。


他にも良くも悪くも考え方はあるだろうが、今回は「高さ」に絞って考える。


僕の結論、「塀は高すぎた。」



しかし、
否定的な意見ばかりでは面白くないので、他に考えてみたい。

塀が高くなって・・・
・素手で乗り越えにくくなった
・屋根の部分に雪が積もって壊れないだろうか?
・旅館組合事務所の外装も改修され 和風の統一感が良い

画像を見て頂ければわかるが、雰囲気は良くなった。
(以前は古くなったブロック塀)

使い勝手、機能美がいまいち。
事故が起こらなければ良いが・・・