雪をフラッシュ撮影する:米沢観光コンベンション協会|山形県米沢市の観光情報サイト

山形県米沢市 米沢観光物産協会公式ホームページ

上杉の城下町米沢の観光・物産情報
presented by
米沢観光コンベンション協会



雪をフラッシュ撮影する
今朝は大粒の雪が沢山降っていた。

雪が屋根や道路に積もることを考えると、見ているだけで嫌になるのだが、
撮影するとなれば面白い素材となる。

うちの玄関前を撮影したところ、雪が降る感じが うまく表現できた。

しかし、毎度の事ながら 雪を表現するのは難しい。

明るくて動いている自然の物だ。

ホタルもそうだが、動画で撮影した方が はるかに伝えやすい。

だから、なおさら、静止画ならではの表現方法があるが面白くて、楽しく苦労するのである。

さて、撮影方法だが・・・

撮影はガイドナンバー22(1000円程度の激安)のフラッシュを使用
正面を向けてなるべく広範囲に光りをあてた。

絞り優先、手持ち撮影なのでシャッタースピードは そんなに遅くはない。

よく見ると 上側の雪ははっきりしていて 下側の雪はぼやけている。
フラッシュが当たる画面の上半分、光りが当たりにくい下半分で違いが出る。

また、被写体(風景)により だいぶ雪の写り方はだいぶ左右される。
コントラストの相対的な部分なので、撮影→確認してみるしかない。
数をこなして感を磨くしかないのかな。

雪のつぶの大きさを伝えたかったので、まぁまぁかな。
みなさんも 雪撮影にチャレンジしてみて下さい。

それとカメラに水分が入り込まないよう注意しましょう。
防水カメラなら心配ないし、上位機種だと防滴・防塵仕様になっていますが、
そうでない場合は それぞれ工夫してみましょう。
僕は傘をさして撮影しました。