開明座発見!:米沢観光コンベンション協会|山形県米沢市の観光情報サイト

山形県米沢市 米沢観光物産協会公式ホームページ

上杉の城下町米沢の観光・物産情報
presented by
米沢観光コンベンション協会



開明座発見!
米澤市 割出橋遠望 という絵葉書を手に入れた。ハガキの状況から明治30年から39年ごろのものと分かる。
最初気づかなかったのだが、鳥居の右の柱の後ろに白い大きな屋根を見つけた。
橋の向こう岸の建物だ。


これを見て、あっ、これが開明座だと気付いた。最初は橋の向こうが花沢なのかとも思ったのだが。

開明座は明治28年桶屋町に開場した芝居小屋で、政友会の星亨、浪花節の桃中軒雲右衛門が来場している。
立町から東にぶつかったところにあったということなので、現在相田建設さんがあるところと思われ、大正6年の大火には焼失している。
明治28年にはまだ米沢に電気は惹かれていないため、明り取りの櫓がみてとれる。但し芝居は昼のみの興行だったが。

私が住んでいるのはその開明座跡の近所だが、橋を渡って鳥居のあるあたりに行ってそれらしいものがあるか、探してみたが雪でまだ分からなかった。
雪が解けたら撮影場所を確定してみたい。

それにしても明治30年代の米沢はのどかだねー。
2013/03/18 18:54 (C) 珈琲豆屋です!