上杉博物館特別展「国持大名上杉家」:米沢観光コンベンション協会|山形県米沢市の観光情報サイト

山形県米沢市 米沢観光物産協会公式ホームページ

上杉の城下町米沢の観光・物産情報
presented by
米沢観光コンベンション協会



上杉博物館特別展「国持大名上杉家」
上杉博物館特別展
「国持大名 上杉家」

国宝上杉本洛中洛外図屏風 展示
4月18日(土)〜5月17日(日)

会期 平成27年4月18日(土)〜6月21日(日)
[前 期]4月18日(土)〜5月17日(日)
[後 期]5月23日(土)〜6月21日(日)
 展示替:5月18日(月)〜5月22日(金)
 休館日:5月27日(水)

開館時間 9:00〜17:00 入館は16:30まで

入館料 一 般 620円(490円)
    高大生 400円(320円)
    小中生 250円(200円)
    ( )は20名以上の団体料金
    ※常設展とセットのみ
    5月5日(火・祝)小中高生無料

内容
「国持大名」とは江戸時代、1国ないし数郡からなる領地を治め、
従四位下侍従以上の官位を保持している有力大名のこととされます。
江戸幕府の大名編成の基準のひとつでした。
上杉家はこの国持大名に含まれていました。
江戸幕府は大名の編成に領地の規模のみならず、将軍家との血縁関係や
朝廷の任命を受ける官位など、複数の基準を用いていました。
そして、そのような立場は江戸城の儀礼、控えの間、江戸市中における
行列の編成など、目に見える形で表されていました。
また、幕府は家ごとにさまざまな特権も与え、巧みに統制していたとも
言われます。
この展覧会では、このような江戸時代の上杉家の社会的位置の一端を示
す文化財を展示します。
そして、江戸時代の社会の中で上杉家の存在意義を考えるきっかけの
一つを提示したいと思います。

主催  米沢市上杉博物館
〒992-0052 米沢市丸の内1-2-1
電話0238-26-8001
2015/04/03 19:19:staff