米沢スープカレーって?:米沢観光コンベンション協会|山形県米沢市の観光情報サイト

山形県米沢市 米沢観光物産協会公式ホームページ

上杉の城下町米沢の観光・物産情報
presented by
米沢観光コンベンション協会



米沢スープカレーって?

もう20年近く前の話ですが、北海道に行きました。

ハンマーダルシマーという楽器を弾いている小松崎健さんのところに
遊びに行ったんです。

小松崎さんは、HardToFindという4人組のアイリッシュ系のBANDをやっていて、
米沢でも演奏をしていただいたこともあります。
奥さんの操さん、ギター&ブズーキの星さん、リコーダーやボーランの扇柳さん、
一緒に遊ばせていただきました。

今はなき北斗星の旅で、ガタゴト新米夫婦で出かけたのでした。

小松崎さんは、JackInTheBoxというスープカレー屋さんを以前やっていて、
当時は後輩にその店を譲って、プロのミュージシャンになっていたのでした。

そのとき食べたスープカレーが人生初のスープカレー。
なんておいしい食べ物なんだとスゴク驚きました。

その後ずっと後のことですが、
飲食店でもやろうかと思ったそのとき、思い出したのはスープカレー!

ラーメン店だと行列も出来て儲かるかもしんないから、
ラーメン屋を目指そうか?
いえいえ、けしてラーメン屋さんになろうとは思いませんでした。
だって、米沢市民全員がラーメンの評論家でしょう・・・
スープカレーは誰も食べたことがないから、評論出来ないし、
私のスープカレーが味の基準になるわけで、ちょっとずるいかなぁ(笑)

そんなわけで始めた『スープカレーらぁじゃ』も、
かれこれ10年になるかなぁ?

今は『米沢スープカレーらぁじゃ』と名乗っています。

私がすごく尊敬して、とても大好きな仙台の米谷仁さんに、
『米沢って付けて、オンリーワンになりましょう!』
って断言されちゃって、
私も、そうかコレだ!!って思ったんです。

米谷さんって、
草食系マーケティングデザイナーで、感動販促研究所をされている実はその筋の有名人。
『おバカ販促』という著書もあるんだから!!!

らぁじゃのスープカレーは、
北海道のスープカレーがベースになっているのは間違いないけど、
どんどんと進化していきました。

まずは、
やさしいスパイス!
=突出したスパイス使いじゃなくって、インド臭さもありませんから〜
スゴク和風感ありありで、子供さんもスルリを食べれますからね!

そして、
野菜たっぷり!
全て国産野菜を使い、出来れば地元の野菜優先でトッピングしています。
サラッと数えて、20種類くらいあるから、野菜好きにはたまりませんよ!
だから、野菜が恋しくなったら〜おいでよ!って叫びますからね!!

そのうえ、
化学調味料は無添加!
自然の味わいで、子供たちにも安心して食べさせてあげたいですよね。
だから基本は、自分の家族に一番食べてもらいたいものを作っていますよ!

別にこだわってませんから〜
自分で食べたいもの!
家族に食べてもらいたいもの!
そんなスープカレーを作っているんです。

あっそうそう、辛さもね、ゼロからあるんで、お子さまでも大丈夫。
野菜たっぷりで自然な味のスープカレー召し上がれ〜

ちなみに、すんんんんごく辛いのまでありますからね。
別にチャレンジしなくていいけど、自分の好みの辛さも見つけてくださいね。