上杉博物館特別展「戦国時代展」4/29〜6/18開催!:米沢観光コンベンション協会|山形県米沢市の観光情報サイト

山形県米沢市 米沢観光物産協会公式ホームページ

上杉の城下町米沢の観光・物産情報
presented by
米沢観光コンベンション協会



上杉博物館特別展「戦国時代展」4/29〜6/18開催!
特別展「戦国時代展 -A Century of Dreams-」
会期:4月29日(土・祝)〜6月18日(日)
   前期:4/29(土・祝)〜5/23(火)
   後期:5/25(木)〜6/18(日)
※5/5  こどもの日  小中高校生無料
 5/18 国際博物館の日 全員無料

国宝洛中洛外図屏風の原本展示
4月29日(土)〜5月28日(日)
※常設展示室「上杉文華館」にて展示

休館日:5/24(水)
開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
入館料 一般620(490)円 
    高大生400(320)円 小中生250(200)円
    ※( ) は20名以上の団体料金
    常設展とセットのみ
主 催:米沢市上杉博物館・読売新聞社
協 賛:日本写真印刷


分断か、統合か。
 戦国時代を生きる!

 日本における「戦国時代」は、相次ぐ戦乱により秩序が
大きく乱れた時代だとイメージされてきました。
 ところが近年は、この時代が列島規模で文化的、経済的な
実りをもたらしたと考えられるようになりました。
 室町幕府の衰退により、上杉謙信、武田信玄、毛利元就、
織田信長などの有力大名は領国経営に力を入れるようになり、
その結果、絵画や茶の湯など京都で成熟した文化が列島各地
へともたらされ、新たな地域文化として再生産されました。
 本展では合戦の様子や武将の姿を伝える歴史資料、列島の
各地で生成された貴重な美術工芸品を一堂に展示し、多様な
広がりを見せたこの時代とたくましく生きた人々の姿に迫り
ます。
2017/04/05 20:20:staff