山形県能楽の祭典:米沢観光コンベンション協会|山形県米沢市の観光情報サイト

山形県米沢市 米沢観光物産協会公式ホームページ

上杉の城下町米沢の観光・物産情報
presented by
米沢観光コンベンション協会



山形県能楽の祭典
9月10日(日)
伝国の杜 置賜文化ホール 米沢市丸の内1-2-1
開場 9時 開演 9時30分
終演予定 17時
入場無料

今年も、山形県内各地で研鑽に励む各流派の愛好者が一堂に会し、その成果を披露します。
能と狂言をあわせて「能楽」といいます。
2001年、第1回の世界無形文化遺産(人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言)に指定され、世界的に注目されている日本の伝統芸能です。
「連吟」「仕舞」「舞囃子」といった形式は能の番組(演目)のヤマ場といえる一部を抜粋したものです。
「連吟」とは本舞台に並んで座り、動きをつけずに声だけで演じるものです。
物語を耳から聞く面白さ、また、その独特の節廻しといえる歌(音楽)を聴くところに楽しみがあるといえます。
「仕舞」は、地謡のうたう謡に合わせて、面をつけずに素顔のままで舞います。
「舞囃子」は小鼓・太鼓・笛などの和楽器を入れた舞を演じるものです。
「謡」や「仕舞」を通して「能」を身近に楽しんでいる愛好家は県内にも数多く、今回も庄内・最上・村山・置賜各地域から、百七十名あまりの方が参加します。
置賜文化ホールの主催する「こども狂言クラブ」も「小舞」と「狂言」を披露します。
能舞台で繰り広げられる日本の伝統文化、この機会にぜひおでかけください。

お問合せ
伝国の杜
TEL0238-26-2666
番組内容記載
2006/09/06 09:56:staff