記事詳細ページ

特別展「上杉鷹山の生涯〜藩政改革と家臣団〜」展示紹介

開催中の特別展「上杉鷹山の生涯〜藩政改革と家臣団〜」の展示室を少しだけご紹介します。

 

入口では鷹山が用いた上杉家伝来の甲冑(上杉神社蔵)。質実ながら細かな意匠にご注目下さい。

 

その後は米沢城本丸と、江戸桜田の米沢藩上屋敷の大判絵図を並べて展示。壮大な屋敷は藩財政の負担でもありました…。

 

長い壁面ケースでは、鷹山が次期藩主に伝えた心得、「伝国の辞」をお見逃しなく。

 

一、国家は先祖より子孫へ伝え候国家にして、我私すべき物にはこれ無く候…

 

当時の大名のあるべき姿を端的に表した名言です。

当館の愛称「伝国の杜」も、この名言が由来です!

 

今回ご紹介したのは展示の三分の一、前半部分です。

後半は家臣団の活躍や上杉家お抱え刀工の刀剣、中級藩士が描いた美術作品なども展示しています。

 

展示の詳細や、展示資料の目録はこちら

 

【お問い合わせ】

 米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2021.05.02:[米沢の歴史・文化]
寒河江 大輔:画像

寒河江 大輔

「伝国の杜」は、平成13年9月29日、山形県米沢市に博物館・文化施設と..