記事詳細ページ

特別展「上杉鷹山の生涯〜藩政改革と家臣団〜」展示紹介

特別展「上杉鷹山の生涯〜藩政改革と家臣団〜」展示紹介АР菫

開催中の特別展「上杉鷹山の生涯」で初公開の資料の一つが

(延享元年・1744)御城下絵図1鋪

約2m×2.5mの絵図を平置きで展示し、四方からご覧頂けます。

昨年新たに確認され、今回が初お披露目になります。

 

鷹山時代の米沢城下絵図のうち明和6年(1769)の絵図は

「明和六年 米沢城下絵図」デジタルマップ

としてweb閲覧が可能です。

 

展示中の絵図の年代を推定する際は、このデジタルマップを活用しました。

人名検索ができるので、代替わりした人物を抽出、比較し、系図類と突き合せ、延享元年の年末か翌2年の正月~2月頃の内容を記したようです。

鷹山より前、7代藩主宗房時代の、家臣の屋敷割を主題にしており、状態はきれいです。

5000名以上と、藩の規模に比べて過大な家臣団を抱えた、上杉氏の城下町米沢の様子がよく分かります。

 

企画展示室に入ってすぐ、右手に展示中です!

 

展覧会詳細はこちら

 

【お問い合わせ】

 米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2021.06.07:[米沢の歴史・文化]
寒河江 大輔:画像

寒河江 大輔

「伝国の杜」は、平成13年9月29日、山形県米沢市に博物館・文化施設と..