記事詳細ページ

上杉文書の概要と調査

上杉文書の概要と調査:画像

今年度から、当館所蔵の上杉文書約1万点の史料調査を実施中。

写真は目録作りの様子です。

文化庁の「地域活性化のための特色ある文化財調査・活用事業」の補助を受け、5カ年の計画で進めています。

調査事業の概要は

https://www.denkoku-no-mori.yonezawa.yamagata.jp/uesugimonjyo.htm?fbclid=IwAR1MsA-z-HipGZjuuWhPh-ZD-fK6CYKtC_9D0vxzxtF1cw2ZKWJjTcj1njg

上杉文書は従来も利用されてきましたが、詳細目録はなく、マイクロフィルム未収録の資料もあるため、全容は分かっていません。原本と写本、編纂物が混在し、製本された老中奉書など今後の修理等が必要な史料が多数あり、活用が困難な状態です。

今回の調査では、史料1点ごとに表題、内容、年代、法量、発給関係などを採録し、その伝来や特徴を明らかにしていきます。

調査の様子や成果などをHPやSNSでも、随時情報を発信していきます。

 

【お問い合わせ】

 米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2021.12.26:[米沢の歴史・文化]
寒河江 大輔:画像

寒河江 大輔

「伝国の杜」は、平成13年9月29日、山形県米沢市に博物館・文化施設と..