記事詳細ページ

企画展「アーツ・アンド・クラフツとデザイン ウィリアム・モリスからフランク・ ロイド・ライトまで」 展示紹介

企画展「アーツ・アンド・クラフツとデザイン ウィリアム・モリスからフランク・ ロイド・ライトまで」 展示紹介ァР菫

モリス商会は陶磁器の生産も行います。

その多くはウィリアム・ド・モーガンの工房が手掛けていました。

展示室では、アーツ・アンド・クラフツの作家達がデザインしたタイルを展示中。

「バラと格子」の鮮やかなトルコブルーは、ド・モーガンの試行錯誤の成果です。

 

 

希少なアンティークガラスであるワセリンガラスの多くは、

19世紀半ばから20世紀初頭に製造されました。

本展では、W・A・S・ベンソンの卓上ランプを3点展示中。

どこかで会ったことがあるよう・・

なんだか懐かしいガラスのランプから目が離せなくなります。

 

 

ライオンの雄・雌・・・いました。

同じかとおもいきや、雄と雌です!!

展示室でじっくりご覧ください。

リネンに美しく色刷りされたテキスタイルです。

 

 

展覧会詳細はこちら

 

【お問い合わせ】

 米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2022.07.25:[米沢の歴史・文化]
寒河江 大輔:画像

寒河江 大輔

「伝国の杜」は、平成13年9月29日、山形県米沢市に博物館・文化施設と..